デリヘルは自分のやり方でOK

デリヘルではさまざまな方法で講習が行われていますが、それほど厳しく指導は行われません。これはお客さんがデリヘルに何を求めているかが重要なポイントなのです。デリヘルを利用する男性の多くは素人的な女性を求めています。そのため、あまりにプロを感じさせるプレイ内容でしたら、そこで萎えてしまう場合もあるのです。そのため、講習によってマニュアル通りのプレイばかりの女性は、お客さんから好かれません。

そして、デリヘルのお客さんはそれぞれニーズが異なるので、決まったひとつの接客方法というものがありません。指名トップランカーの女性は、お客さんひとりひとりに合わせて「どのような接客が喜んでもらえるか」ということを考えています。お客さんのニーズに対して自分のプレイスタイル合わせることで、リピートしてもらえるのです。

また、デリヘル未経験の女性の中には「自分は経験も無いし、テクニックも無いから稼げないのではないか」と考える方もいますが、そのようなことはありません。デリヘル未経験の女性は素人感が強いので、素人であることを売りにしましょう。素人を好むお客さんは多いので、ナチュラルに接客をしてください。それだけでも十分に稼ぐことが出来ます。


  • コメントはまだありません

実技指導は減っている?

これまでのデリヘルでは、お店のスタッフがお客さん代わりとなって素股講習が行われていました。お客さんが相手であれば問題がありませんが、普段から顔を合わせるスタッフを相手に全裸で講習をすることは抵抗があるものでしょう。そのため、素股講習をあまりいいものと感じていない女性もいました。

こういったスタッフによる直接的な講習は、セクハラ講習とも呼ばれており、最近ではほとんどのデリヘルで行われていない方法です。そのため、近頃では汝々艶梅田店の風俗求人のようなマニュアルによる講習を採用している店舗が増えてきています。また、デリヘルによってはベテランのデリヘル嬢が講習してくれる場合もあります。これでしたら同じデリヘル嬢が相手ですので、素股の基本が分かるだけでなく、お客さんを喜ばせるテクニックも覚えることが出来るでしょう。

また、そのほかに大切なことはお店独自のプレイでしょう。特にデリヘルによってはイメクラの要素を取り入れたお店が人気となっているため、イメクラの知識も必要なのです。イメクラとはお客さんの好むシチュエーションに合わせてプレイを行います。コスチュームの使い方や道具など特殊なものもありますので、そちらも講習でしっかりと覚えるようにしましょう。


  • コメントはまだありません